セカンドオピニオン

セカンドオピニオンについて 

セカンドオピニオンとは、 賃貸経営方針や売却活動内容等で抱える課題に対して、より良い決断ができるように当事者以外の専門的な知識を持った第三者から、第2の意見を求めて見識の幅を広げることです。

インプルーブでは、 今まで蓄積された不動産のビッグデータや市場トレンド等から分析したデータに基づいたセカンドオピニオン診断を提供しております。客観的な情報を得ることで不動産の特性を十分に理解を深めることができます。

セカンドオピニオンの診断項目 


Ⅰ. 土地・建物の価格診断

【診断内容】
取引事例比較・収益還元率の確認、不動産価格に関するレポート

【準備書類】
土地・建物の所在が確認できる書類


Ⅱ. 売却中案件の状況診断

【診断内容】
販売状況の確認、改善内容に関するレポート作成

【準備書類】
売却を依頼した会社との媒介契約書


Ⅲ. 保有地の有効活用診断

【診断内容】
活用の用途、時期、想定事業収支等に関するレポート作成

【準備書類】
固定資産税等の納税通知書


Ⅳ. 建物の新築・改築内容診断

【診断内容】
建築計画の確認、設計内容・建築コストに関するレポート作成

【準備書類】
建築計画の内容が確認できる書類


Ⅴ. 借地契約の内容診断

【診断内容】
契約内容の確認、地代・承諾料等に関するレポート作成

【準備書類】
土地賃貸借契約書


Ⅵ. 賃貸経営のキャッシュフロー診断

【診断内容】
賃料収益・運営支出の確認、収支向上に関するレポート作成

【準備書類】
賃貸経営にかかるコスト明細


Ⅶ. 空室物件の入居率改善診断

【診断内容】
募集状況の確認、改善内容に関するレポート作成

【準備書類】
募集図面・間取が確認できる書類


電話をかける