不動産投資アドバイザリー

情報力×事業計画×運営管理

資産形成していくうえで価格の変動が緩やかな不動産投資は、比較的リスクが低い預貯金や個人国債と、大きなリターンが見込めるFXや株式投資の中間に位置するミドルリスク・ミドルリターンと言われており、堅実な資金形成が見込める投資対象です。

インプルーブでは、継続的に助言および事業等の支援をおこなうアドバイザリー業務で、投資家様の利益最大化に貢献できると考えます。それには「情報力×事業計画×運営管理」が必要となり、いずれか一つが不足しても成り立ちません。そこで我々が提供する不動産投資アドバイザリーをご紹介致します。

インプルーブの5つの強み

情報力

好条件な物件は一般市場に流通する前に、水面下で取引がされております。また、流通している物件が急遽大幅な値下げをすることにより高収益物件になることがありますが、こういった情報も表立って発表されることなく水面下で取引が完了しております。

我々が持つ情報ネットワークにて市場に流通することのない全国の有益な情報をご提供しております。

不動産投資AI診断

安定した不動産投資に大切なのは、保有期間中の賃料下落リスクと空室リスクでこれに備えた事業計画を描くことが重要です。

膨大な不動産取引ビッグデータを蓄積したAIが、50年先までの賃料変動や空室リスクを分析し、収益性を予測することで、将来リスクに予測した事業計画を提供しております。

企画提案力

不動産を取得後にかかる維持コストのひとつして、修繕費が挙げられます。修繕した際の想定賃料上昇率から費用対効果を算出して、継続保有または売却のいずれか有利な方法を選択する必要があります。

我々は、表面利回りだけで判断するのではなく、維持コストや将来を見越した出口戦略までの全体地図を提供しています。

専門家とのチーム組成

金融機関による融資、有効活用するための設計、デザイン性の高いリノベーション、低コストによる建築、税金対策など、堅実な不動産投資には多くの専門家の力が必要になります。

インプルーブでは、あらゆる専門家とワンチームで様々な角度から安定運営の分析をおこない不動産投資をより堅実なものとします。

運営管理

家賃下落リスクや家賃滞納、または長期間の空室リスクがなく、安定した賃料収入を維持する運営が不動産投資では重要です。

付加価値ある空間創造による賃料上昇と、リーシング業務から入居者の家賃滞納の対処、24時間365日トラブル対応など、満足度の高いカスタマーサポート対応で堅実運営をサポートします。

電話をかける